民主党元参議院議員

神本みえ子

Facebook Twitter YouTube
  • トップページ
  • プロフィール
  • 政策
  • 活動報告
  • 議事録・資料
  • コンタクト

国会活動

2015年9月19日 「アベ政治」を終わらせるために全力を尽くします。

2015年9月19日

19日、未明、平和主義と民主主義、立憲主義が、安倍総理と与党の暴挙によって「戦争法案」が可決されました。国会は、採決が行われた今もたくさんの人たちに囲まれています。

中央公聴会の報告もなく、暴力的に採決が行われた委員会は完全に無効です。議事録にはその暴挙の跡が後世まで記録として残されることになりました。その後の言論を封殺するかのような19日の参議院での本会議での採決となりました。

本会議の反対討論で民主党の福山哲郎議員は、勇気を積み重ねて戦争法案に反対の意志を示した人たちに、その怒りと悲しみを共有し、政治家として心からのお詫びを申し上げ、もう一度、闘いを今日から始めようと呼びかけました。議場では、どんなに言葉を尽くしても安倍総理をはじめとする与党の議員たちには何も響きませんでした。

「民主主義」って何だ、若者たちは、「アベ政治」に問いかけています。若ものたちが自らの思いや考えを発信し続けるでしょう。その若者たちと、これまでの平和を培ってきた人たちの平和運動には、全国津々浦々でゆるやかで広いつながりができました。市民が育んできた平和主義は日本の戦後そのものの歴史をつなぐものであり、その人びとの思いを実現するためには政治が有権者との信頼関係を取り戻し、一緒に政権を変えるしかありません。

違憲立法である「戦争法案」を成立させてしまった今日、立法府にいるその責任を、「教え子をふたたび戦場に送らない」という政治家になった初心をまっとうすべく、一日でも早く安倍政権を倒すために全力を尽くします。