民主党参議院議員

神本みえ子

Facebook Twitter YouTube
  • トップページ
  • プロフィール
  • 政策
  • 活動報告
  • 議事録・資料
  • コンタクト
トップページプロフィール神本みえ子ってどんなひと?

神本みえ子ってどんなひと?

教室では大人の前とは全く違っててびっくり

福岡の小集会で元同僚の教員の方から

神本さんて職員会議なんかではバリバリ発言していて、『なんだか怖い人かなあ』という印象がありましたけど、ある日神本さんの教室の前を通りかかったら、ゆったり笑顔で子どもたちと話している姿を発見! 『えー、これがあのバリバリ発言の神本さん?』という感じ。やっぱり子どもが大好きなんですねえ。

先輩の声

安河内(ヤスコウチ)興二さん

小さくものを考えないで、大きくものを考える人。ごちゃごちゃする人間関係に関わらない人。そういうところに魅力がありますね。

仲間の声

樋口けい子さん

自分をありのままに出して、ぶつかる人。人に接するときにいつも正直な人ですね。

スタッフの声

旧サイト立ち上げプロジェクトスタッフ S.Yさん

神本さんにお会いする前に、紹介して下さった方から写真を見せていただきました。結構厳しそうでやり手っていう感じ……もしかしてコワイかな?

ところが、初めてお目に掛かったときの印象と言ったらビックリするほど明るくて親しみやすいというものでした。その誠実な眼差しは、子どものように純粋で初めてお会いした私にとって、何ひとつの違和感も感じさせませんでした。

それだけに、今までに数々の業績を上げてこられたのが信じられないほどです。でも、子どものことを考えるのって、子どものように純粋な心を持っていて、前むきなエネルギーが必要なんですよね。神本さんはまさにそれを兼ね備えた方でした。

「私って全然理屈っぽくないの。行動が先にでちゃうタイプ」とご自身でも分析なさっているように、ごちゃごちゃ言っているよりもより良いことには様々な挑戦をしてきたというのが結果、彼女の築いてきたものなのです。

そんな彼女は、ある時"人と共に"行うことの喜びに気付いてから、人生観が変わったそうです。協力し合って創り出す喜び、充実感、それにむかう力、得意なことを出し合って進める楽しさ……一教員として過ごした経験を生かして、何かができるはず。さらに一教員ではできない未知の世界の可能性。心ときめかせて臨んだ「子どもフォーラム」や「福岡県子ども会議」。

学校での問題や疑問、悩み……本当はそこで言えればいいのだけれど、言えなかった子どもたちが参加できる場所、そういうところが欲しかったそうです。「子ども会議」が今の形をなすまでは、言いたいことのある子どもたちがただ時間を費やすばかりで大変だったと聞きました。私だったら「もう、いい加減にしてっ!」なんて怒鳴っているかも知れません。でも、神本さんは温かく見守り、待ち続けたそうです。子どもたちが自分たちの力でまとまるまで……。その忍耐だけではなく、反対意見や傷害もあったとは言え、今となっては「結果オーライ!幸せに思います!」と断言できてしまうのでした。

子どもたちが積極的に話し合う姿や、自分たちの力で問題を解決している様子、「子どもの人権宣言」などを作り上げている場面を語って、それはそれは嬉しそうな輝きを瞳に見せてくれました。

未来を考える……それは未来を担う子どものことを考えることです。本当に大切なことを考えている神本さんが政治の場にむかう決意をなさったこと、これは私たちみんなが喜ぶべきことだと思いました。微力ながら応援できることを嬉しく思います。